ドクターエルは健康器具・医療補助器具の開発および販売しています。全国配送可能。5,000円以上で送料無料。

お支払い方法:各種クレジットカード払い可能
5,000円以上で全国送料無料

お気軽にお問い合せください フリーダイヤル:0120-460-361

睡眠から目覚めた時の腰痛は寝姿勢に問題が!腰が痛くならない寝姿勢とは

睡眠時の姿勢は立っている時と比べて、腰への負担は少ないです。しかし、起床した際に腰に痛みを感じたというケースもよく聞かれます。多くの人が悩まされる腰痛は、睡眠時の姿勢も大きく関係しているのです。寝姿勢に気をつけることで、腰への負担を軽減することにつながります。

睡眠時に腰が痛くなる理由

腰痛イメージ本来、人間が立っている時の姿勢は一直線になっているのではなく、腰の辺りで前湾し緩やかなS字カーブを描いています。背骨のS字カーブによって骨盤とのバランスが保たれ、正しい姿勢が自然にとれるようになるのです。ところが腰痛が生じると前にかがんだり、腰を反らしたりして痛みから逃れようとします。すると骨盤の傾斜角度が大きくなり、湾曲も強まってしまいます。また、睡眠時においてはうつ伏せの姿勢で寝てしまうと、反りが強まるだけでなく骨盤の前傾も大きくなり、腰痛の悪化につながる可能性が出てくるのです。

背骨を無理に伸ばさない

寝姿勢で腰に負担をかけないためには、無理に背骨を伸ばして眠らないことがポイントです。直立時よりも姿勢を楽にできるため、寝るときくらい身体を伸ばそうと考える方も多いと思います。しかし、無理に背筋を伸ばしてしまうと、かえって腰を痛める可能性があります。横向きの寝姿勢をとるなどして骨盤の傾斜を軽減し、背骨や腰周辺の力を抜き無理のない姿勢を心がけることがポイントです。

自分に合った楽な姿勢を見つける

腰痛の状態は人それぞれ異なります。そのため、他人が良いという寝姿勢であっても、自分には適していない場合も少なくありません。まずは自分が楽になれる姿勢を探すことがポイントです。例えば、横向きの寝姿勢になると痛みが和らぐなら、ひざの間にクッションなどを挟んで負担を軽減するといった方法もあります。

腰に負担をかけない寝姿勢をとるなら、クッションや枕などの寝具にこだわることも重要です。当社は通販にて、独自の斜め仕切り構造を採用した枕製品をご提供しております。寝返りを支えることを最重視した枕は、お客様に快適な眠りをご提供することが可能です。他にも、腰痛・肩こりなどが生じやすいドライブデスクワーク時の姿勢をサポートする斜めのクッション足ゆびストレッチ器具などの健康器具をご用意しています。


 

関連商品

ピローモーフィアス 詳しくはこちらのページをご覧ください ねるぐ 詳しくはこちらのページをご覧ください q_nelco 

マルチレストドクターエルクッション 詳しくはこちらのページをご覧ください ドクターエルEX 詳しくはこちらのページをご覧ください 足ゆび元気くん 詳しくはこちらのページをご覧ください

 

トップへ