ドクターエルは健康器具・医療補助器具の開発および販売しています。全国配送可能。5,000円以上で送料無料。

お支払い方法:各種クレジットカード払い可能
5,000円以上で全国送料無料

お気軽にお問い合せください フリーダイヤル:0120-460-361

Q&A ドクターエルミニ

ドクターエルミニによく寄せられるご質問

仕事で楽器を弾きます。
弾く際に座る椅子が殆どの場合後ろ傾斜していることで腰が痛くなるので、何とか前傾姿勢にならないものかと思っていた所、友人から楽器を弾くのに適したクッションとしてドクターエルを勧められました。この様な場合、ドクターエル、EX、miniのどちらがお勧めでしょうか。

よく吹奏楽団の方々が購入するのはドクターエルmini(ミニ)が人気で多くの方々にご愛用いただいております。
この商品の大きさはA4サイズより少し大きめですが約140gと軽く持ち運びがとても便利で着座時の腰をしっかりガードします。
そしてドクターエルシリーズの特長として前傾傾斜が重心を足に分散させ、また絶妙な硬さが腰への負担を和らげることができます。

マルチレストドクターエルクッション 詳しくはこちらのページをご覧ください
ドクターエルEX 詳しくはこちらのページをご覧ください
ドクターエルミニ 詳しくはこちらのページをご覧ください

妊婦にお勧めと言うことで友人からドクターエルミニというクッションを紹介されました。値段が少々高いので購入前にお聞きしたいことがあります。
このドクターエルミニは、なぜ妊婦に効果があるのですか。貴社のホームページを見てもよく分かりませんでしたのでお返事いただければありがたいのですが。

ドクターエルミニの特長は3つあります。1つ目は前傾斜していることです。これは上体の負荷を足方向に分散させ腰にかかる負担を軽減し、さらに姿勢が矯正(骨盤が正しい位置に)され腹部が自然に広がることでお腹に与える影響が少なくなる点です。
2つ目は、硬めのクッション性にあります。この硬めの座面が坐骨を安定させ腰への負担を和らげることが出来ます。
3つ目は大きさがA4サイズより少し大きめですが約140gと軽く持ち運びに便利であることです。
そして、家でのご使用でしたらドクターエルやドクターエルEXも充分効果を発揮いたします。

車用クッションとしてドクターエル クッションを愛用しています。最近、車を新しくしたことでシートが以前と違いバケットタイプになりサイズが合わなくなって困っております。
そんな折、御社のホームページで持ち運びもできるクッションとしてドクターエルmini(ミニ)を見つけました。このクッションはバケットシートにも合いそうなのですがいかがでしょうか。

車がバケットシートでしたらドクターエルmini(ミニ)はお勧めです。従来のドクターエルクッションは横幅が広いことでバケットシートでは少し使いずらいかもしれません。
これに対し、ドクターエルminiでしたらシート座面の腰(坐骨)にあたる部分に敷くことによりドクターエル クッション同様の効果が期待できます。

ドクターエルミニ 詳しくはこちらのページをご覧ください

車での運転時、腰痛や坐骨神経痛緩和の為にドクターエルクッションを友人から勧められたのですが、
運転の場合は座面ではなく背もたれでの使用例しか記載がなかったのですが運転時の座面にも使用できますか?

勿論、座面でで使用もお勧めです。車のシートは一般の椅子と比べ後傾角度が大きく、さらに問題なのが柔らかなクッション性にあります。
坐骨神経痛の場合、柔らかなクッションの使用は控えなければなりません。ドクターエルクッションのように硬さがあることで上半身を安定させ快適なドライブが可能になります。
しかし、同じ症状の方でも硬さに違和感を持つ方もいらっしゃいますので、急に長時間の使用はしないようにしていただきたいと思います。
また、ご使用の車がバケットシートでしたらドクターエルmini(ミニ)がお勧めです。

椎間板ヘルニアのため長距離運転すると痛みが出ます。貴社のバッククッションとドクターエルミニのクッションを併用すると少しは腰の負担が軽くなるのでしょうか。

運転中、椎間板ヘルニアを緩和することはできませんが、痛みを和らげることは充分可能です。
運転中に痛みが出やすいのは、車のシートの形状と柔らかいクッション性に関係する場合が多くみられ、特に柔らかいシートは上半身を支える骨盤が不安定になり背骨、特に椎間板に負荷をかける原因を作ります。
これを軽くする方法として開発されたのがバッククッション(Back to Back)ですが、ドクターエルミニの併用によりさらに坐骨を安定させることにつながり長時間の運転を可能にします。
また、この製品は硬さに特長がありますが、もし柔らかいクッションがお好みの方には使い始めに違和感が出ることがあります。ただ、使い慣れてきますとご理解できると思います。
いずれにしましても柔らかいクッションのご使用は避けるようにしていただくと痛みは和らぐと思います。

バック・トゥ・バック 詳しくはこちら
ドクターエルミニ 詳しくはこちらのページをご覧ください


▲Q&Aトップへ

トップへ